五反田駅、大崎駅から5分の隠れ家的アットホームなお店。突然のぎっくり腰、スマホ肩こり、姿勢の悪さからくる頭痛、四十肩、ヘルニア、膝の痛み、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症などは足のアーチ、腰の仙腸関節、肋骨が連動しないので姿勢が悪くなるのが原因です。つまずきやすい、だるさや疲れが取れない方は注意
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-3473-6556
営業日/水曜~日曜10:00~20:00(完全予約制)
定休日/月曜、火曜日(祝日不定休)
五反田駅から徒歩2分 大崎駅より7分
大崎広小路駅から徒歩4分
公開日:2018年6月5日

日傘の効果は?

この時期は紫外線が強くて女性はよく日傘をさしていますね。
昨日来た患者さんが日傘をさしていたので、
話題にしてみました。

日傘の効果はこちら

黒と白なら黒い日傘の方が紫外線防止効果は高い

なぜならば、白い日傘は、光を反射させて紫外線をカットしています。
黒い日傘は、日傘自体が紫外線を吸収する為、お肌に紫外線が当たるの
を防いでくれます。
どちらが紫外線を多くカットできるかは黒の方が少し高いみたいです。

UV加工がされていれば白でも黒でも差はない

UV加工をされているものは白でも黒でも大丈夫!
UV加工がされているものは色によって紫外線の遮断効果に差はありません。

重要なのは内側の色!白いものは危険!

「白地は紫外線を反射しやすい!黒地は紫外線を吸収する!」という原則に
のっとり、白や薄いパステルカラーも、地面からの照り返しや横から傘の内側
に入ってきた紫外線を反射して顔に当たりやすくなってしまうため、
裏地は紫外線を吸収してくれる黒や濃色がよいと思います。

UVカット加工、効果は2、3年

日傘の寿命は2~3年といわれています。もちろん、しっかりとお手入れを
した場合みたいですね。

日傘にはこんな効果があるそうですね!!

ただ、歩行を大事にする当院では歩くときに日傘をさしていると
腕の振りが弱くなるので、骨盤の動きが悪くなる。
また、左右の腕の振りが違うので、上半身のねじれが左右で変わるから
少しずつ歩行にズレが出てくるので注意が必要です。

この記事のキーワード

この記事の著者

トータルケア整体院
記事一覧