五反田駅、大崎駅から5分の隠れ家的アットホームなお店。突然のぎっくり腰、スマホ肩こり、姿勢の悪さからくる頭痛、四十肩、ヘルニア、膝の痛み、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症などは足のアーチ、腰の仙腸関節、肋骨が連動しないので姿勢が悪くなるのが原因です。つまずきやすい、だるさや疲れが取れない方は注意
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-3779-6555
受付/月曜~日曜10:00~22:00(完全予約制)
定休日/月曜(祝日不定休)
五反田 大崎駅から徒歩5分
大崎広小路駅から徒歩2分
公開日:2018年6月5日

朝起きるとき背中が痛い、、、

朝起きるとき背中が痛くて起きれないんだけど動き出したら動ける

こんなことで困っていませんか?

実は、朝起きると背中が痛むのは原因があるのです。

多くの腰痛やぎっくり背中になりやすい方は、寝ているときに体勢が一緒で

寝返りをしない。

ずっと寝返りをしないと、寝るときに筋肉がちじこまってしまう。

関節面の動きが悪くなる

朝起きた時に脊柱の関節面の動きが悪い

朝起きた時に、背中がが痛くなってしまう

というプロセスを踏んでいます。

原因が分かれば、まずは対策ですね!!

その対策とは
寝る前に意識的に寝返りをすることなのです。

要は寝ているときに寝返りをうてないので、
脊柱の関節面の動きが悪くなる。

寝る前の15分くらいを背中を動かすように
特に関節の潤滑液が増すように動かす。

この寝る前のエクササイズでかなり
朝起きた時の背中の痛みは軽減できます。

この記事のキーワード

この記事の著者

トータルケア整体院
記事一覧