五反田駅、大崎駅から5分の隠れ家的アットホームなお店。突然のぎっくり腰、スマホ肩こり、姿勢の悪さからくる頭痛、四十肩、ヘルニア、膝の痛み、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症などは足のアーチ、腰の仙腸関節、肋骨が連動しないので姿勢が悪くなるのが原因です。つまずきやすい、だるさや疲れが取れない方は注意
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-3473-6556
営業日/水曜~日曜10:00~20:00(完全予約制)
定休日/月曜、火曜日(祝日不定休)
五反田駅から徒歩2分 大崎駅より7分
大崎広小路駅から徒歩4分
公開日:2018年5月24日

歩行やスポーツ中に足の裏が痛む場合には

これを疑いましょう

足底筋膜炎!!

 

特に足の裏がパンパンに硬い場合は足底筋膜炎の可能性があります。

この硬くなっているのは
縦のアーチと横のアーチ、2つのうち特に縦のアーチが影響しています。

アーチは踏み込んだ時に縦と横の方向に伸びて、
体重をかけた時にしっかりはまり込み足底の筋肉を助ける役目があるのですが、
アーチの機能が狂ってくると歩くだけでドンドン足底が硬くなり足底腱膜を炎症させてしまいます。

足底筋膜炎で普通の整体院や整骨院、整形外科ではだいたいこんな治療ですね。

・足の裏にインソールを入れたり、
・指を握る練習をしたり、
・テーピングしたり
・電気を当てたり
・ほぐすために揉んだり

楽にはなるけどまたぶり返しますよね??

 

でも実はなんでアーチの機能低下が起こると硬くなるのでしょうか?

と考えていかないとホントの根本原因を解決できないのです。

 

 

 

 

この記事の著者

トータルケア整体院
記事一覧