五反田駅、大崎駅から5分の隠れ家的アットホームなお店。突然のぎっくり腰、スマホ肩こり、姿勢の悪さからくる頭痛、四十肩、ヘルニア、膝の痛み、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症などは足のアーチ、腰の仙腸関節、肋骨が連動しないので姿勢が悪くなるのが原因です。つまずきやすい、だるさや疲れが取れない方は注意
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-3473-6556
営業日/水曜~日曜10:00~20:00(完全予約制)
定休日/月曜、火曜日(祝日不定休)
五反田駅から徒歩2分 大崎駅より7分
大崎広小路駅から徒歩4分
公開日:2018年5月25日

足底筋膜炎の本当の原因は
足底でもなく、足関節でもなく、コレなんです。

 

足のアーチはそもそも何であるのか?

それは姿勢を立って保つためにある。

また、歩いて体重を緩衝させるため。

やわらげたりクッションになったりして、

前に歩くために力を伝えるため。

それがうまくいかないと足底筋膜炎の原因になる。

 

歩くときはすり足では歩きませんよね?

 

足先を上げながら歩くのでけども、すり足の場合にはアーチがしならない。

足のアーチがしなることによってアーチが引き延ばされて弾力が付けられる。

でも、足先が上がってないとアーチに弾力が出ないので、足裏が硬くなる。

 

足の親指を上げる長母指伸筋、足を上げる前脛骨筋が関係する

前脛骨筋は腰から出ている神経L4~S1に関係するのでただ

 

足の裏にインソールを入れたり、
・指を握る練習をしたり、
・テーピングしたり
・電気を当てたり
・ほぐすために揉んだり

しても一時的に楽になるだけなのです。

 

この記事の著者

トータルケア整体院
記事一覧