五反田駅、大崎駅から5分の隠れ家的アットホームなお店。突然のぎっくり腰、スマホ肩こり、姿勢の悪さからくる頭痛、四十肩、ヘルニア、膝の痛み、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症などは足のアーチ、腰の仙腸関節、肋骨が連動しないので姿勢が悪くなるのが原因です。つまずきやすい、だるさや疲れが取れない方は注意
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-3473-6556
営業日/水曜~日曜10:00~20:00(完全予約制)
定休日/月曜、火曜日(祝日不定休)
五反田駅から徒歩2分 大崎駅より7分
大崎広小路駅から徒歩4分
公開日:2018年6月11日

人工関節を入れたことを後悔している男性を紹介している記事をみました。

65歳のAさんは、人工関節を入れたことを後悔しているという。

「長い間、股関節に痛みを感じていたので、50代前半で人工関節を入れました。

当初は快調でしたが、今となれば医師の『人工関節は、体形の変化に弱い』

という言葉をもっと具体的に想像しておくべきでした」

ということです。

この方その後20キロも太ったとの事

整形外科の先生はこんな風に言っています。

「人工関節は、人間の骨と同じように少しずつ摩耗していきます。

関節の軟骨に相当する部分は、化学物質で作られたソケットと受け皿。

体重が増えたり、筋力が衰えるとソケットと受け皿への負担が増し、

摩耗が進みます。摩耗が進むと、金属と金属が直接あたって、

痛みを感じるようになります」

人工関節の寿命は一般的に15 年~20年です。

自分の膝で歩けるのか?

ホントは大事なことだし、安易に人工関節にするのは

もってのほかですね。

 

そんなことにならないように、まずは悪くならないように

日々歩行して筋肉と骨を鍛えましょう。

 

この記事のキーワード

この記事の著者

トータルケア整体院
記事一覧